読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エクストリーム反省会

てんびん tenbin.xyzのあとがきや、働き方のカイゼンをつらつらつづる

今日のフィードバック

記事についての改善

事実や根拠を文章に挿入するとき、どういった意図で挿入したのか説明を入れてあげる。つまり、意味づけを最初に行うということ。

→読者の記事に対する理解を助けることが出来る。

逆接の使い方に神経が行き届いていない 

→別の論点へとスライドさせるとき、逆接をうまく使う

逆説の前後の文章が+から-に変わっていないので、意識する

 

一文一文の文章力

自分が記事を書く場合、一文一文の文章力の課題は次の通りである。

  • 主語がない
  • 指示語が多い
  • 事実を述べた後に、どうして事実を記載したのか意味を記載していない
  • そうした中を使うとき、前文と後文との論理がつながっていない
  • 起承転の議論よりも一段階深い議論を文章の結の部分でする必要があるのにできていない。

 

 

未成年飲酒や浮気は犯罪じゃない? 犯罪者の定義とは

f:id:ufo0505:20170225165029j:plain

未成年飲酒は未成年者の犯罪ではない 今回罪に問われる可能性がある人物 制止しなかった親や監督者 お酒...

未成年飲酒や浮気は犯罪じゃない? 犯罪者の定義とはてんびん 実用的法律メディアで公開された投稿です。



from WordPress http://ift.tt/2lFzvBW
via IFTTT

情報収集能力における課題

今回記事を書く上で、情報収集能力の未熟さが課題であったと私は思う。

記事を書くための情報収集には、スピードと方向性、量が重要である。

しかし、私は今回の情報収集においてすべての要素が欠けていた。

スピードは遅く、方向性と量は無く、最低な情報収集であった。

今回の情報収集での課題解決方法は次のように考えている。

  • スピードに関しては、とにかくタイピング速度の向上をすること。
  • 方向性に関しては、いいたいことが100%言えるだけの根拠を収集するという指針を設定すること。
  • 量として、所得した情報に満足せずに常に調べること。

 

文章の改善

今日学んだ、自分の文章の改善点についてまとめていく。

  1. 当たり前のことを当たり前のようにいう文章は書かない。しっかり、情報量のある文章にする。
  2. 情報のつまっていない文章は削る
  3. 一発で分かりやすい文章を書く
  4. 文章を分割することと文章を重複させることは同義ではない。
  5. その情報が、何で重要なのかまた、何が重要なのかを書く
  6. 調べたプライドがあるからといって、今回の記事では必要でない情報なのに乗っけようとするのは止める。
  7. 細かい知識もロジックツリーで考える

 

文章を向上させる次なる課題

文章全体の構造は少しずつ良くなってきた。次に、一文一文の改善を行なっていきたい。

自分の文章を見ていて気づいた課題

  • 一文中におもしろさが欠けている
  • 100パーセンではないことも100で言い切ってしまう。
  • 根拠の後に来る結論が急すぎる

一文中におもしろさが欠けている

解決策として、一文中に入れる情報量を増やすことで解決できるよ考えた。

 

100パーセンではないことも100で言い切ってしまう。

解決策として、〜かもしれない、可能性がある、一部では、ここではなどの用語を使用するように心がける。

 

根拠の後に来る結論が急すぎる

解決策として、結論を述べる前にワンクッション情報を入れる。

具体的に、譲歩の文章や、小さなもう一つの疑問を述べるなど。

 

ハプニングバーに行く前に知るべき法的リスク 本番行為の法的危険

f:id:ufo0505:20170216221939j:plain

世の中には現代の魔窟と呼ばれている場所があります。 その名も、ハプニングバー。 このハプニグバーに一...

ハプニングバーに行く前に知るべき法的リスク 本番行為の法的危険てんびん 実用的法律メディアで公開された投稿です。



from WordPress http://ift.tt/2lVNUXX
via IFTTT